西宮市 外構工事


エリア 西宮市
工事種類 外構工事
平成24年11月30日竣工

お客様との出会い

お客様との出会いは、いつもお仕事を頂いているK社長からのご紹介でK社長のご友人とのことでした。
1年前にK社長から『ポーチの土間タイルをやり変えて欲しいんやけど?』
とのお電話をいただき、施工させていただきました。
平成24年9月のある日、K社長からお電話を頂き、『今度は外構工事を考えてほしい』
との事。数日後、K社長と一緒にお客様先へ。
1年前の工事の時にお庭を拝見していたので驚きはありませんでしたが、いつ見ても大きくご立派なお庭です。

1回目お打ち合わせ

24年9月11日
奥様『夏場、雑草の手入れが大変なんです。もう少しスッキリと手入れのしやすいグランドカバーを植えたい。』『現在のテラスのスペースにスウッドデッキを設置し、有効活用したい。』
とのお話でした。これだけのお庭の手入れは本当に大変なことと思います。私なんぞは、わが家の猫の額ほどの庭に植えた芝の手入れですら出来ず、夏場は伸び放題。最近では雑草が芝生の半分以上を占領しております。まぁ私の場合、根っからの不精者ですので。

植木の知識に乏しい私ではまとめ切れないので、後日、造園屋さんと一緒に現地調査をさせていただく事とし、打ち合わせを終了。

現地調査

24年9月26日
造園屋さんと一緒に現地調査。
五葉松、薪、手水鉢、庭石 どれも立派なものばかりです。しかし、植木の数が多く、折角のお庭をゆっくり楽しむスペースがありません。奥様のご希望が理解できました。
敷地が道路より5m程高台になっているので、重機の搬入に少し苦労しそうです。
ようやく少しイメージが出きてきました。
会社に帰って、次回の打ち合わ用の資料を作成します。

2回目お打ち合わせ

24年10月10日
プランニングは概ねご納得頂いたのですが、ウッドデッキをどのような素材にするかを検討しました。よく使うウッドデッキ材としては、イペ、ウリンなどがあります。固くて腐りにくい特徴があります。ただし、定期的なメンテナンスが必要です。
人口木材はメンテナンスフリーと言われていますが、耐久性に少し問題がありそうです。
結局、タイルが良いのではということのなりました。

あと、『フェンスの種類をもう少し検討したい。西側はプライバシーを重視、南側はスッキリしたシンプルなデザインが良いです。』と、奥様からのご希望。後日、ご主人様とエクステリアのショールームで実際の商品を見ていただく事になりました。

打ち合わせの最後のお話は、グランドカバーを何にするか?です。一般的には芝生敷きです。芝生はとても綺麗で落ち着きのあるお庭になると思います。が、手入れが大変です。前述したように、放っておくと、雑草に負けてしまいます。雑草を見つければすぐに根っこから抜いておかないと、どんどん根を伸ばします。
奥様が事前にお調べされていたのが、『クラピア』です。イワダレソウの改良品種で、繁殖力が強く、刈り込みも楽だそうです。植樹時期は3月~10月頃なので、植えるとしても、今回の工事が終了後の施工となります。とりあえずグランドカバーは、弊社の工事とは別工事として工事日程を組むことで、打ち合わせを終了しました。

3回目お打ち合わせ

24年10月17日
西側、南側のフェンスのデザインはショールームでご確認頂き決定しました。あと、フェンスの色なのですが、奥様と道路側から眺め、一緒に色を決め、お見積書と工程表を提出。金額面でもご納得頂き、工事の手配を取ることになりました。

近隣挨拶

24年10月27日
今回の工事は道路から敷地までに高低差があるので、2日間程レッカー作業を伴います。全面道路にレッカー車を据えると、他の車が通れなくなり、近隣の方々に大変ご迷惑をお掛けすることとなりますので、ご理解いただく必要があり、通常ならお留守の御宅には、工事案内をポスティングするのですが、この現場では出来るだけお会いして工事の内容をご説明したいと思い、お留守の御宅には何度か足を運びました。

工事着工

24年11月6日
近隣挨拶も終わり、工事着手しました。

工事の難問の一つが、大きな二つの庭石です。一つは移設、そしてもう一つが写真に写っている石です。これは撤去ですので、削岩機をリースして少しづつ砕いて撤去します。現場では爆音が鳴り響き、ご近所様に申し訳ない作業でした。(内心ヒヤヒヤ)

元々のテラスはタイル貼りでした。表面のタイルを撤去し、砕石を入れて下地を作成する予定でしたが、考え甘く、下地のコンクリートのさらに下の地盤が少し沈下しており、計画変更を検討しなければいけません。

沈下部分の処置ですが、所々下地のコンクリートに穴を開け、空洞になった部分に新たにコンクリートを流し込みました。思わぬ費用が発生したのですが、このまま見過ごすわけにはいきません。

今回の見せ場の一つになるテラスのステップ。立上りにブロックを積み、踏み面部分には砕石の上モルタル塗り。造りごたえのある『ビッグステップ』です。

いよいよテラスのタイル施工です。十分バーベキューパーティーが出来る程大きいテラスですね。

こちらは南側フェンス部分の化粧ブロック積みです。テラスのタイルと同時進行なので、広い敷地も資材で埋め尽くされています。

ブロック積みが終了し、その上にフェンスが取付けられました。打ち合わせの時、奥様と施工後をイメージし、フェンスの色を決めるために眺めたアングルです。

アプローチの土間には御影石を貼りました。以前土のままだったアプローチ、水はけも良くなり、歩きやすくなりました。

工事完了

24年11月30日
約1ヶ月、ようやく工事が終了しました。

befoer1

befoer2

after1

after2

after3

after4

after5

after6

お客様から

『思った通りに施工していただいて、ありがとうございました。今度はキッチンを考えています。その時は又お願いします』
『職人さんたちにもよろしくお伝えください。』

『こちらこそ本当にお世話になりました。ありがとうございました。』

工事を振り返って

工事が11月に終えたこともあり、グランドカバーは4~5ヶ月先になります。芝生かクラピアになるのかわかりませんが、春先に一度お伺いしたいと思います。きっと美しいお庭になっていると思います。