尼崎市 外構工事


エリア 尼崎市
工事種類 外構工事
平成24年12月21日竣工

お客様との出会い

平成24年10月のある日、フリーダイヤルで一本の電話が有りました。
『尼崎在住で外構工事を考えているのですが・・・』
ホームページを見てお電話をくださいました。
お電話のお話から大変紳士的な、感じ良い方でした。
『他社さんにもお声をかけているのですが、それでも良いですか?』と。
勿論結構です。

ご住所、お電話番号をお聞きし、お伺いする日時を決めて・・・
数日後お伺いし、お話をお聞きしました。

建物はハウスメーカーさんで新築されたとの事。
しかし外構はこれから。

お電話の印象通り紳士的なご主人さんと、優しそうな奥様、それと小さなお嬢ちゃんがお二人。

ご希望をお聞きし、現地を実測。写真も10枚ほど撮らせていただき、
一週間後にプレゼンテーションとお見積書をお持ちすることをお約束。

1回目のお打ち合わせ

24年11月3日(文化の日)1回目のお打ち合わせ。
プランを3パターンと完成予想パース、お見積書を提出し、
それぞれのプランの内容をご説明。

門柱やフェンスの素材などを熱心にご質問され、プランも1つに絞りました。
門柱の素材は、もちろんスイスの漆喰を使用したいと思ってます。
真っ白なスイス漆喰は、人工的に着色された素材では出せない
圧倒的な存在感があり、しかも汚れにくい。
お客様も興味津々。

絞り込んだ1つのプランを少し変更し、次回の打ち合わせまでに
プランの訂正と再度お見積りを提出することとしました。また、
アプローチ土間の素材を再度ご提案、表札、ポストの再検討、
漆喰の塗り板見本を、ご用意することで1回目の打ち
合わせを終了しました。

2回目のお打ち合わせ

24年11月17日(土曜日) 2回目のお打ち合わせ。
漆喰の塗り板見本をご提示。ご納得頂いて、再見積もり書を提出。
一通りご説明した後、お客様からとても嬉しいお言葉!
『大田さんのところでお願いするつもりです。』
有難うございます!ご期待に添えるよう頑張ります。

次回は工程表をお持ちいたします。

ご契約、近隣挨拶

24年12月2日(日曜日)
やはりこの時期、年内中に工事を完了する方向で、工程表を
作成し、アプローチの土間の素材や表札、ポストも決定し、
契約書も取り交わし終了です。
後は近隣挨拶。工事日程や工事内容、工事管理者の連絡先を書いた、工事案内を近隣の方にお渡しし、お留守のお宅には、ポスティングさせて頂きます。

今週水曜日から工事が始まります。

工事着工

24年12月5日(水曜日)から工事が始まりました。
何度やっても、何年経っても、どんな内容の工事でも、
着手の日は少し緊張します。

南側の土が高かったので、重機で土を搬出。アプローチや門柱を現物を仮置きしてお施主様とチェック。

ブロックを所定の高さまで積みながら、ポストを固定。電気配線すろ為の配管を通し、モルタルで下地を塗ります。

アプローチ土間は乱形石貼りに。お客様から『出来るだけ目地の幅を一定に』というご要望があり、職人さんも根気よく貼ってくれました。

土間のコンクリート打設です。気温が低いので、最後の押さえは夜になると思います。モルタルは水の引く頃合が難しいんです。

いよいよスイス漆喰『カルクウォール』の仕上げです。ラフ仕上げが一番いいと思います。

工事完了

乱形石の廻りは赤御影のピンコロです、

お客様から

『希望通りの外構が出来上がり、とても満足しています。』
とのお言葉をいただきホッと一息。

しかし反省点もございます。
『もう少し、乱形石の目地を細くして欲しかった。』
とのご意見をいただきました。
これを反省し、次回の工事に生かしていきたいと思います。