神戸市灘区 太陽光発電、屋根・外壁のリフォーム

神戸市灘区  Y様邸  築16年  壁面積210㎡ 屋根面積126㎡
工事内容 ソーラーパネル工事
足場掛払い・高圧洗浄・シーリング打替え・屋根塗装(遮熱塗料)
外壁塗装・軒天、破風板、樋、雨戸塗装
ソーラーパネル工事 4.54kw ¥2,000,000円(消費税込)
屋根、外壁塗装工事 ¥1,500,000円(消費税込)

お客様との出会い

お客様とは16年前、阪神大震災の後、弊社で新築させて頂いたご縁です。
当時、神戸で建物倒壊後、解体し更地になった敷地に雑草が生えている光景をあちらこちらで見ながら、毎日、復興工事に励んでいました。幹線道路は少しづつ復旧していましたが、相変わらず車は渋滞。尼崎から神戸の灘区まで片道2時間半。そんな中での新築工事でした。弊社は創業21年、こちらのお客様が弊社で初めての新築住宅でした。職人がいない、資材供給が間に合わないなど、工期が遅れることが当たり前のような状態でした。お施主様は一本気な方で、『大田はん、いつになったら完成すんねん!』と新築中にお叱りの言葉も。『すんません。材料が○×△・・・』と私の言い訳に『しゃあないなぁ、そんな事情やったら。判った、工期はとやかく言えへんから、しっかり造ったてや!』と。この現場には、いろんなエピソードがあり、話しだしたら尽きません。
あれから16年、息子さんの代になり、今回は息子さんからのご依頼です。
24年7月初め
息子さんからお電話をいただき、『大田さんとこ太陽光発電やってはんの?』
『施工してますよ。』
『実は考えてるんやけど、その前に屋根の調査もして欲しいんですわ。それと外壁も16年経つからそろそろ考えなあかんし。』
『太陽光の方は○○○電化からも見積もり取ることになるけど、それでもいい?』
『勿論、結構ですよ。では改めて、屋根の調査に伺います。』

1回目の打ち合わせと屋根調査

24年7月14日
リクシルソーラーのカタログを持参し、スライド梯子を車のキャリアに結わえてお伺いしました。
まずは屋根の調査から。
傷みは少なく、2~3枚カラーベストにひび割れが確認された程度でした。元々瓦を葺いても重量的には大丈夫な造りにしていますので、下地は全く問題ありません。今回は葺き替えでは無く、屋根塗装で大丈夫との判断を下しました。
打ち合わせでは、現在の電気代、ガス代との比較のお話と、屋根塗装に使う遮熱塗料、外壁に使うウレタン塗料のご説明をさせていただき、概ねご理解いただきました。

2回目の打ち合わせ

24年7月21日
屋根、外壁塗装のお見積りと、ソーラーパネルのお見積りを提出し、現在のガス、電気代との比較シミュレーションを見ていただき、国と市からの補助金のご案内も併せてさせて頂きました。
『大田さんのところで全部お願いしようと思ってるんで、いつごろから工事に入れるか、工程を教えて欲しい。』
『有難うございます。工程表を作成してきます。』
『まずは補助金の申し込み申請が一番最初になりますので、取り急ぎそちらの書類を作成してお持ちいたします。』
後日補助金の申請書を作成、ご捺印いただき、書類を投函。○○○電化さんには負けませんよ。

ご契約、近隣挨拶

24年8月11日
補助金の申請の決定通知も大体の目処がつき、お盆前に無事に契約致しました。
お盆が終わり、近隣様へご挨拶に伺いました。全面道路にはトラックの侵入ができず、足場資材は人力運搬となります。運搬路付近の住民の方々へ工事の期間と内容をお伝えしました。

工事着工

24年8月24日
屋根、外壁塗装

24年9月5日
ソーラーパネル工事

 

工事完了

24年9月10日

before
after

お客様から

『樋の詰まりも直していただき、不要な廃材も処分してもらって、助かりました。補助金の申請でも全てお世話になってありがとうございました。』

工事を振り返って


『8月末とはいえ、真夏の工事にもかかわらず、外壁塗装の際、窓を全て養生したので、夜は寝苦しかったと思います。少し配慮が足りませんでした。』
『太陽光の工事も、かなり混み合っており、少しもたつきました。』
『その後のランニングコストがシミュレーションに近い状況になっているかどうかを、また確認したいと思います。』