バリアフリーリフォームをお考えの方

バリアフリーリフォームの必要性

バリアフリーリフォームといえば、段差解消や手摺の取付けを考えますが、本来バリアフリーとは、出来るだけ健常者と同じ生活が送れる事を意味します。バリアフリーリフォームで大切なことは、どこをどのようにすれば、普通の生活が出来るのかを、しっかり検討することです。たとえば手すりの取付け一つでも、縦手すりが必要なのか、横手すりが必要か、高さはどのあたりがよいのか・・・など、細かいご希望も人それぞれです。私たちは、そういったご要望をお聞きし、検討した上でお客様にご提案いたします。
お客様の『より快適な住まい』のお手伝いをさせて頂きたいと思っております。
住環境福祉コーディネーター 大田伸治

浴室のバリアフリー

浴室は家の中で、事故が最も多い場所です。中でも最も多い原因の一つが『ヒートショック』です。ヒートショックとは、急激な温度変化で血圧が急変動し「心筋梗塞」や「脳出血」などを引き起こすことをいいます。
予防方法としては、浴室に温風暖房機を設置したり、浴室の窓をペアガラスや2重サッシにすることで、急激な温度変化を和らげます。
そのほかに、浴槽の底面で足を滑らせ、溺れる事故があります。出来るだけ浴槽はベンチ式のものをお薦めいたします。
また、洗い場と浴槽の底面との高低差を出来るだけ無くしましょう。
洗い場床面は冷たくて滑りやすいタイルを避け、滑りにくいユニットバスがよいと思います。
出入口は出来るだけ段差を無くし、引戸にすることをお薦めいたします。
浴槽付近や出入口付近には手すりを設置することで、安全性が向上します。

トイレのバリアフリー

トイレも『ヒートショック』に注意しましょう。出来るだけ廊下との温度差を少なくするために、窓をペアガラスや2重サッシにしたり、センサー付きの温風暖房機の設置をお薦めします。
便器の入れ替えを行う際には、手洗いをするために、振り返らないといけない手洗い付きタンクではなく、別に手洗いを設けましょう。
出入口は出来るだけ段差を無くし、引戸にすることをお薦めいたします。
立位⇒着座⇒立位の動作付近や出入口付近には手すりを設置することで、安全性が向上します。
出来るだけ寝室に近いところに、トイレを設けましょう。

玄関のバリアフリー

上り框付近に手すりを設けましょう。
上り框と土間とに18cm以上の段差がある場合には、式台などを使って高低差を少なくしましょう。
靴を履くための、収納式ベンチがあれば便利です。
玄関収納は、出来るだけ引戸がよいと思います。また玄関収納を低いものにすれば、歩行の補助になります。

階段のバリアフリー

階段を新たに設置する場合は、踏み面を広くし、蹴上げ(蹴込)を低くしましょう。直線階段を避け、中間に踊り場を設けることで、落下事故の被害を最小限にします。
手すりは出来るだけ連続とし、取付高さも階段の勾配にあわせて取付けましょう。
踏み面と蹴上げは出来るだけ色を替え、コントラストを付けることで、認識し易くなります。